松田聖子の地元ヤンキー説は本当か?河合奈保子 鬼気迫るヤンキーセリフにビビる!黄昏はオレンジ ライム けんかをやめて 竹内まりや

お宝

松田聖子 EDの「黄昏はオレンジライム」
はマイケルお気に入りの1曲です(^_^)
さて、デビュー前に、久留米大学附設
高等学校に通う男子生徒と付き合っていたと
いう説と、暴走族の男性と付き合っていた
という説がありますが、後者については
まずありえないでしょう。なぜなら、
松田聖子さんのご実家は躾に厳しい家庭で
ご両親が暴走族の男性と付き合うことを
許すはずがないからです。

聖子さん本人も、そのような方と
付き合うような人間ではありませんでした。
その反面、附設高校の男子生徒と交際
していた説は、附設高校はお兄様の母校でも
ありますし、久留米近郊ではナンバー1の
トップ校ですから、こちらの方が
可能性としては高いです。

2003年には附設高校の同窓会に
ノーギャラで訪れたこともあるみたいです。
よって、松田聖子さんが不良だったという
噂は限りなく事実無根でしょう。
ですが、かつて和田アキ子さんが聖子さん
を名指しで批判していたというのは事実です。
中森明菜さんもそうなのですが、聖子さんも
歌っている時とトークの時とでかなり
ギャップがあります。

歌っている時の可愛く見せようとする
雰囲気と裏腹に、トークの時はかなり
サバサバした感じでした。
なので和田アキ子さんもそのような
感想を抱かれたのではないでしょうか?
しかし、2000年にNHKの
「ふたりのビッグショー」で共演された
際には、「聖子と和田、和解?」と複数の
媒体で報じられたそうです。
これも和田アキ子さんが聖子さんを
批判していたことに起因するもの。
しかし、以降は聖子と和田さんは仲が
良いらしく、2007年の和田さんの
誕生日会には聖子さんが訪れてくれたそうです。

一昨年の紅白でも、歌い終えた聖子さんを
和田さんが気遣い、二人でじゃれ合う
場面さえありました。
しかししかしこういう説もあります!

”松田聖子の愛人ジェフ”による『壊れた愛』
など、芸能人の研究本・暴露本など問題作を
次々と刊行してきた、鹿砦社・松岡利康社長

「聖子はもともと不良だからね。デビュー前は
久留米で暴走族やってたのよ。地元ではかなり
ブイブイいわしてたみたいよ。
そのわりに清純派としてデビューした
わけだけど、そこが芸能人の芸能人
たるところだよね~(笑)」
ホントかなぁ?裏取ってないみたいだが・・
(マイケル談話)(^_^) でで、
付き人・冨田さんとの揺るぎない
女同士の絆っぷりは、レディース時代に
培った賜物なのでしょうか。不
良にとって、上下関係は生死が
関わる問題ですものね。

そして、聖子ちゃんの賢いところは
”小さい頃から松田聖子の大ファン”だ
という冨田さんを付き人に選んだところ。
本書によると、もともとは松田聖子の
事務所「ファンティック」の新人
オーディションに応募してきた冨田さんを
付き人として雇ったのだとか。
天下の松田聖子の事務所に雇われている
というのに、その給料は基本給が15万円に
源泉と保険を引かれて手取りは9万円。
そればかりか、聖子ちゃんの自宅近くの
アパートに引っ越しをさせられ、家賃も
光熱費も自分持ち。
さらには仕事柄、電話をたくさん使うにも
関わらず、電話代もすべて自腹だったと
書かれています。ヒドイなぁセコたん(T_T)

それでも、「赤字を出してもいいから
自分の貯金をはたいてもやって
いきたい仕事だったのです。
(中略)私は大好きな松田聖子さんの
傍にいつもいられるんだ、という喜びで、
そんな信じられない待遇でも少しも
苦になりませんでした」と、冨田さんの
盲信ぶりには、ただただ頭が下がります。
で、しつけに厳しい両親のもとで育った
清純派の松田聖子さえ「地元の暴走族の
リーダーと付き合ってた」とウワサされるほど
――どこかしらにヤンキーの気配をふくんでいた。
少年たちはどこか不良の影のあるアイドルに
熱狂し、暴走族まがいの親衛隊を結成して
コンサート会場に押しよせていた・・らしい!
 アイドル文化とはつまり、ヤンキー
カルチャーとともに80年代を歩んでいた
これを四文字熟語でいう諸説紛々・・
あなたはどう思いますか?
ってか今日のディナーはビンチョウマグロ
まずかったのでキハダマグロに切り替えます
マグロ刺身ってなかなか自分にあう味が
ないって最近思いますね、イカ刺し・・
夏に出回らないのはイカに生息する
幼虫のせいか?イカは実は
イカの産卵場所の海水が冷やされて
イカの幼虫が生きられず年々漁獲量が
減り続けているようです
ベトナム産のイカ・・まずすぎ(T_T)

タイトルとURLをコピーしました